StoreTopics

StoreTopics

走ろう!
2010.2.28
津波がきたり、
雨が降ったりとタイヘンななか、
今日は東京マラソンの日だったようですね。


今年も残念ながらチバタロウは抽選でハズレだったみたいですが、
なに、どこだって走る事はできます。


【太陽にほえろ】世代のワタシにとって刑事の走るシーンは若さのシルシ。
『ボス』とか『ヤマサン』が走ったらダメってことじゃあないんですけど。


今日で29さいになる。
ノナカカズヒサも、サンクの中では結構若手!
29っていえば、来年は30さいっていみなんですけど、サンクの中では若手なのはかわりがありません。

若手なんですから、ガンガンイケよ!走れ!!と、お祝いのコトバのかわりに申し上げておきます。


10年後、39さいのイッキュウにも同じ事を言いそうなワタシ。
39さいといえば完全なオジサンですよね。今のワタシとほぼ同じトシです。
10年後のオジサンにも走らせようとするくらいなら、
ワタシも含めた、《サンク中年チーム》もガンガンいこう!走ろう!と、イキオイをつけつつ、ノナカ君のお祝いをしましょう。


本日の一枚
ひとそれぞれ -2月19日は誕生日-
2010.2.18
今日、ワタシはなぜだか夜中に目が覚めました。
で、何となくテレビをつけたら、オリンピックのカーリング、
日本対カナダ
の生放送をやっていたんです。



もちろんスグに寝るつもりだったんです。
でも、とても親切な解説の方のお話に引き込まれたか、結局最後まで見てしまい、なんだか寝不足なのでございます。



なんでも、世界ランク的には日本が10位だそうで、片やカナダは世界ナンバーワン!
実力の差はかなりあったようなんですけど、実際の試合は最後の最後までどちらが勝つかわからない接戦!!
親切な解説とあわせて、試合展開でもワタシの睡眠時間を効果的に短縮する事に成功!!
本日はちょっと眠いのでございます。


ところで、日本対カナダの最終スコアは6対7だったんですけど、ワタシの個人的な判定では試合開始前の時点で4対0!
試合が終わって振り返ってみましたが、やはり4対0!!

 ※5人いるんですね、じゃあ、5対0!


どう考えても日本チームの方が勝っていると思うわけでございます。



とは申し上げましても、コレはワタシの個人的な判定!
好みの問題!!ですから、別の個人が判定すれば、結果が変わってくるのは当然のことだと思われます。


例えば、44年組のこのおとこ、
室園太一


正確にいうと44年組ではないこのヒトの場合、カナダに4点!!!!

のジャッジをする可能性が非常に高いのでございます。
ソレもコレも個人的な好みの問題です。
ワタシはとやかく言うつもりは全くございません。


それどころか、
『2月19日で40さい!誕生日おめでとう!!』


と申し上げさせていただこうと思います。



 ※室園さんが本当はどんなタイプの女性が好きかはワタシは全く知りませんよ。悪しからず。



本日の一枚
キイロ
2010.2.7
ワタシが欲しかったのはキイロ!
安全そうだから!!



って以前書いたと思います。


ワタシはイナカものでしたので、キイロの帽子をかぶって、キイロの旗をもち、
雨の日には、キイロの傘をさし、キイロのランドセルカバー!をつけて学校に行ってました。
そのときにきっと、キイロは安全!!
の刷り込みがされたんでしょうね。



ワタシは基本的に石橋をたたいて渡らない性格、安全第一をいつも信条に生きてきたつもりです。
しかしながら商売柄、何台ものクルマを乗り換えてきた割りには一度も安全カラーであるキイロのクルマに乗った事がありません。
まあ、そういう巡り合わせだったんでしょうね。



まあ、もともと、キイロのクルマって少ないですよね。
国産車だとほとんどありませんし、輸入車の場合でも、キイロってスポーツカーに多い色です。



そんなキイロのクルマも、サンクなら別に珍しい色ではございません。



クルマだけじゃなくてバイクもキイロ!



いやあ、ならべてみるとやっぱりイイですね。
サンクのショールームはいつもこんな風にカラフルなのでございます。



本日の一枚
1月24日(日)SANC福岡臨時休業のお知らせ
2016.1.24
誠に勝手ながら本日雪・吹雪の影響で臨時休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんが何卒ご理解のほど
よろしくお願い致します。              

尚、SANC東京、SANC芦屋、SANC宝塚は通常通り営業致しておりますので、
お急ぎの方は下記までご連絡を頂ければ幸いです。

SANC東京:03-5988-0339
SANC芦屋:0798-70-8739
SANC宝塚:0798-54-0819

▲トップに戻る